クレジットカードの審査に落ちたら

クレジットカードの審査に落ちた場合、かなりショックを受けることは間違いないでしょうが、どのようにすればよいでしょうか。

まずやってはいけないことを挙げておきましょう。同じクレジットカードに性懲りも無くまた申込むことです。


これはやってはいけません。
カード会社も審査に通るか落ちるかを適当に決めているわけでは決してないのです。

会社として定められた基準に従って審査しているのですから、同じ人が同じ内容で何度申込みをしても結果は同じことです。



では、以前の申込みでは審査に落ちたからと、問題のありそうなところを少しお手盛りして申込書に記載して申込むというのはどうでしょうか。

少し内容は改善されているのですから、これで審査に通る可能性は高くなるのではないでしょうか。

だいたい予想はつくことでしょうが、これは上のこと以上にやってはいけないことです。
どんな場合であっても、申込書に虚偽の内容を記載するというのはやってはいけません。

そういうことをすると審査に通らないだけでなく、今後二度とクレジットカードの審査に通らなくなる可能性さえあるからです。


ではどうすれば良いのかというと、現実的な解決策としては限られてきます。

最もよいと考えられるのは、より審査に通りやすいと思われるカードを探し、そのカードに申込むことです。



カードの審査基準というか、難易度は実は一定ではありません。



ですからあるカードに落ちた場合でも、別のカードなら通るということは十分にあるのです。