img-1

シミ治療で覚えておきたい注意点

シミ治療と一口にいっても、治療するにあたって理解しなければならないことがいろいろあります。

例えば、シミに治療はシミの種類に応じて行われるということです。



しみに種類があることを知らなかった人もいるかもしれませんが、症状などによって分けられる種類があるので、それを知っておかなければなりません。


例えば、左右対称にべったり出てくる肝斑タイプや、目の下にクマのように現れる遅発性両側性太田母斑様色素斑、境界がはっきりしている老人性色素斑などがあります。



種類によって治療法が異なるので、自分の症状がどれに該当するのか知っておくことは大事です。



また、根本的なシミ治療を行うためには、医療機関を受診しなければならないことも覚えておきましょう。



というのは、シミを根本から治すためには高出力のレーザーを使用しなければなりませんが、このレーザーは医療機関でしか使用できないものです。



普通のエステサロンでもレーザーは使用されていますが、医療機関で使用されているものに比べて出力は抑えられており、それでしみを根本から取り除くことはできません。



完全にしみを治すためには医療機関を受診しなければならないということを、よく理解しておいてください。

また、医療機関であっても実績や技術を見て選ぶ必要があるということも、知っておかなければなりません。

というのは、しみを治すためには複数の医療機器を使用しなければならないこともあり、その点での技術や柔軟性、実績が医師には求められることになります。



同じ医師でもその経験には差がありますので、よくリサーチして信頼できるところを選ぶ必要があります。



関連リンク

img-2

シミの治療法は、肌の状態に合わせて選択する

女性は、お肌にシミがあるだけで、見た目年齢が変わってしまうようで悩みの種の一つとなるようです。特に年齢的にも早い人では30代から40歳以降になると、老人性色素斑を発生させます。...

more
img-3

シミ治療は塗り薬でのホームケアで

美容皮膚科や美容クリニックでも、シミ治療はさまざまな方法を用意しています。殆どの治療は、回数を重ねてクリニックへツインして、徐々にシミを薄くしていくという方法です。...

more