img-1

シミの治療法は、肌の状態に合わせて選択する

女性は、お肌にシミがあるだけで、見た目年齢が変わってしまうようで悩みの種の一つとなるようです。
特に年齢的にも早い人では30代から40歳以降になると、老人性色素斑を発生させます。



それ以外にも、ストレスやホルモンバランスの乱れ、使用している化粧品の色素沈着によるものもあります。



一度できてしまったシミを消すのは難しいようで、様々な美白効果をうたった化粧品を試してもすぐには効果が期待できないでしょう。



その為、余計ストレスを抱えるというのでは、お肌にとっても良くないことです。



改善の方法としてレーザーやシミ取りクリーム、ケミカルピーリング、内服薬などがあります。



レーザー治療では薄いシミの場合、約1ヶ月以内できれいにとることも可能です。


又、ケミカルピーリングは、角質層の古い角質を剥離し、原因となるメラニンを取り除きますので、ふっくらしてくすみのない、きれいな素肌を取り戻すことができますが、表皮が薄く剥がれた状態なので後のケアが大切です。



一方、皮膚科の内服薬は、安全なようでも体質に合わなければ副作用の心配もあるでしょう。
そういう意味では美容外科での治療が手軽で即効性もあるといえるでしょう。



只、気になるのは費用なのですが、医療機関によって保険適用と適用外と差があるようです。一般的に、内服薬や外用薬などの薬物療法は、保険適用となっているところが多いようですが、レーザー治療やケミカルピーリング等は保険適用外になるようです。自己判断や自己流ケアは危険なので、治療法は、皮膚科や美容外科で診断をうけるか専門家に相談してその人の肌の状態に合わせて選択するのがいいでしょう。



でも、本当に見直さなければいけないのは、生活習慣で、出来るだけシミの原因を作らない生活が大切です。


関連リンク

img-2

シミ治療は塗り薬でのホームケアで

美容皮膚科や美容クリニックでも、シミ治療はさまざまな方法を用意しています。殆どの治療は、回数を重ねてクリニックへツインして、徐々にシミを薄くしていくという方法です。...

more
img-3

シミの治療法について

出来てしまったシミを治療する最も効果的な方法として、レーザー治療があります。シミを形成する「メラニン」のみに効果を発揮するレーザーを照射し、皮膚の奥にあるメラニン色素を焼くものです。...

more