img-1

シミの治療は状態に合わせて

一言でシミといっても、状態はひとそれぞれです。



治療を行うときは、どのような状態かを確認し、それに合ったケアをしなければいけません。そもそも、シミとはお肌に残ってしまったメラニン色素のことです。
原因によっていくつかの種類に分けられていて、治療法も異なります。

まず、一般的なのが老人性色素斑と呼ばれるシミです。顔や手など、日光が当たるところに多くできるという特徴があり、日光性色素斑とも言います。


出来た時は薄い茶色をしていますが、だんだん濃くなっていきます。


レーザーによる治療が一番効果があり、取れやすいです。



頬に左右対称にできるのが、肝斑です。



原因は女性ホルモンや妊娠など様々です。

レーザーの種類によってはを濃くしてしまうことがあるので、塗り薬やイオン導入を行います。


他のシミと比較すると、きれいになるまでに時間がかかるので、根気強く続けることが大切です。



また、ソバカスもシミに含まれます。



こどもでも出来るのが特徴で、小さな斑点が頬を中心にたくさんあります。



人によっては顔だけでなく、肩にもある場合があります。

遺伝で発生することが多いですが、紫外線を浴び続けていると濃くなっていきます。



フォトフェイシャルや塗り薬を使う治療が行われますが、薄くなっても再び再発しやすいです。

ケガやニキビ跡も色素沈着として残ってしまうことがあります。



自分がどの状態かをきちんと診察してもらい、症状に合った治療を受けることが大切です。

関連リンク

img-2

シミの成り立ちと治療法

みなさんはシミの成り立ちをご存知でしょうか。一般的には日焼けなどがきっかけでメラニンと呼ばれる色素が皮膚に沈着してしまう現象だと言われています。...

more
img-3

シミの治療にはいろいろな方法があります

シミの治療は食事など生活習慣の改善から化粧品などを使う方法もありますし、病院で治療を行っていく方法もあります。シミは肌の酸化が原因んで起きる症状です。...

more