街でクレジットカードを使う方法

現在では、街でクレジットカードを使うのは現金支払いと同じような感覚で可能です。クレジットカードだからといって特別な手続きは不要で、ショッピングや食事後の会計でカードを店の人に差し出してサインか暗証番号を入力するだけで支払い完了です。

3万円未満であればサインレスで使えるケースが多いです。



現金とクレジットカードを組み合わせて支払うこともできます。



例えば、1527円使ったとして、1500円分をカードで支払って小銭を使うために27円を現金払いするということもできます。
ただし、お店によっては対応してもらえないこともあるので、あまり無理は言わないようにしましょう。



最近ではサインも暗証番号も必要なしでサインレスで会計できるお店が増えていますが、その分盗難や紛失時にカードを使われてしまうリスクが高くなっているので注意が必要です。

基本的には、カードをお店で店員さんに出すだけで支払いを済ませることができます。ちなみに、セルフレジのようなところでもクレジットカードが利用できるようになってきています。
この場合は使用可能なカードがセルフレジの横に記載されているので、使えるかどうか確認して所定の場所からカードを挿入しましょう。

現金払い、一括払い、リボ払いなど支払い方法が表示されるので、自分が希望する支払い方法を選べばOKです。あとは自動的にカード払いの処理がなされて、カードが返ってくるので取り忘れないようにしましょう。