クレジットカードのメリット

クレジットカードの大きなメリットは、多額の現金を持ち歩く必要がなくなることでしょう。

特に高額商品を購入する場合にこれは顕著に当てはまります。数十万円もするような装飾品、家具、電化製品などを購入するときのことを考えてみてください。多額の現金を持ち歩くことは盗難や紛失の恐れもあります。


もちろんクレジットカードであっても盗難や紛失の恐れはあるわけですが、現金とは違ってクレジットカードはたとえ盗難にあって不正に利用されても基本的には損害は補償されるという仕組みがあるのです。

もちろん、そのような高額商品の支払い時においては、カードのほうがスマートに支払えるというのもメリットの一つでしょう。十万円を越えるような支払いになってくると、現金での支払いには時間もかかりますが、カードでの支払いならばサインや暗証番号だけで済みます。


また、クレジットカードの多くは、提携するお店で各種の優待が受けられるようになっています。
優待とは例えば割引であったりポイントが多くもらえたりします。



これも現金払いにはないメリットの一つです。

ポイントの話をしましたが、ポイントについてもカードのメリットになります。



提携店での優待とは無関係に、どんなお店でもカードを利用すれば利用金額に応じてポイントが貯まるようになっています。



これも現金払いではそれ以上のメリットなど何もないわけですから、カードを利用することで得られる大きなメリットの一つです。