クレジットカードと電子マネー

クレジットカードも電子マネーも現金に代わる決済手段ですが、お店にとってみればクレジットカードと電子マネー、どちらで支払ってくれるお客さんのほうがありがたいのでしょうか。

クレジットカードと言えば今ではかなり広く使うことができます。



お店の種類、業種によっては使えるのが当たり前となっていることも多いでしょう。

持っている人の割合も多く、普及率も高いです。
一方で電子マネーは、かなり普及率が高まってきたとはいうもののまだまだ広く一般的にとは言えないかもしれません。

交通機関を別にすると、ほぼ使えるというのはコンビニくらいのもので、飲食店やスーパー、ホテルなどがそれに続いているという感じでしょうか。

しかもカードの場合はある一つだけのブランドが使えるというのは少なく、国際ブランドであればどれも使えるということも多いですが、電子マネーの場合はある特定の電子マネーしか使えないということもまだまだ多いです。
このように考えてみると決済手段としては今のところはまだ圧倒的にクレジットカード優位で、お店としてもそちらのほうがありがたいのではないと思ってしまうのですが、おそらく心の中は逆でしょう。

カードの場合は実はカード会社に支払う手数料がかなりのパーセントに上るのです。


業種によっても異なりますが、5%前後の手数料をカード会社に支払わなければならないのです。

クレジットカードのお役立ち情報はこちらのサイトです。

しかもお店に実際に入金されるまでには時間がかかります。

電子マネーのほうがありがたいと考えるお店は多いでしょう。

クレジットカードに有効な知識の紹介です。